注目キーワード
  1. 山口県
  2. 福島県
  3. 新潟県
  4. 茨城県

獺祭 早田 純米大吟醸 磨き二割三分

  • 2020年7月1日
  • 2020年7月1日
  • 日本酒
  • 311view

《特許技術の火入れ方法で磨き二割三分は更に進化!》

日本酒には、加熱殺菌をしていない「生酒」と加熱殺菌をしている「火入れ酒」があります。

火入れをする目的としては、お酒の質に悪影響を及ぼす菌を死滅させることと、お酒に残っている麹の酵素の働きを止めること。

つまり火入れをする事でお酒の保存性を高めているのですが、そうすると生酒のようなフレッシュ感は低下してしまいます。

当商品「獺祭 早田 磨き二割三分」は、二酸化炭素をマイクロバブル化(通常の水で発生する気泡よりも極めて細かい泡にすること)してお酒に加える事で、
極力熱を加えず(通常65度くらいのところを約40度で)、かつ、短時間で、フレッシュ感を損なわずに通常の火入れと同等の成果を得ることに成功した商品です。

「早田」という商品名は、上記の加熱処理を旭酒造と共に研究・開発されていた明治大学の故・早田保義教授の名字から頂いたもの。

残念ながら開発半ばでお亡くなりになった早田教授への敬意の表れなのです。

当商品はその火入れ方法ゆえに、量産ができない商品。

月々の仕入数も限られてくるため、在庫切れの際はご容赦願います。

容量720ml

製造元 旭酒造(山口県)

特定名称 純米大吟醸

生/火入れ 火入れ酒(加熱処理有り)

保存 静かな冷暗所

メーカーサイト http://www.asahishuzo.ne.jp/

■甘辛:フルーティー ■原料米:山田錦 ■精米歩合:23% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

11,000円(税込)

最新情報をチェックしよう!